Umi no mizu wa naze karai

昔々、二人の兄弟が住んでいました。
弟は貧しく、暮らしに困っていました。
年越しの晩、弟はどうしようかと困っていたところ、ある一人のおじいさんに会い、こう言われました。
「この先にある山のお堂で、このおまんじゅうと石のひきうすを交換してもらいなさい。」
そういわれおじいさんはおまんじゅうをわたしました。
弟は言われたとおり山のお堂でおまんじゅうと石のひきうすを交換してもらいました。
またおじいさんに会いにいき、ひきうすと交換してもらったことを伝えると、
「おー、これじゃこれじゃ。このひきうすはな、みぎにまわすと ほしいものが いくらでもでてくるんじゃ。とめたいときは ひだりに まわせばいい。」
それを聞いて弟は家に帰り、さっそくそのうすを引いてみました。
「こめ 出ろ! こめ 出ろ!」
と いいました。すると おどろいた おどろいた。
ほんとうに ひきうすからは おこめが ザァーザァー おとをたてて あめのように ふきだしてきたではありませんか。
そのうすをひくと、なんでも望みがかない、弟はお金持ちになりました。
ある日、兄がそのうすを盗み出し、舟で海の上に持って行きました。
「はははははー。これがあればなんでも出てくるぞ。まんじゅう出ろ、まんじゅう出ろ」
そういって兄は嬉しくて甘い物を食べているうちに塩からいものがほしくなりました。そこで、
「塩出ろ、塩出ろ」
と言うと、 まっしろな 塩が ザワザワ ザワザワと 山のように ふきでてきました。
みるみるまに 舟は しおの山で 今にも あふれそうです。
兄は弟が まんじゅうを だしたとき ひだりにまわせば とまるのを みておかなかったのです。
「ワァ~ だれか たすけてくれ~!だれか しおを とめてくれ~!!」
とうとう しおは ふねから あふれ、 ふねは しおのおもみで ブクブク しずんでしまいましたとさ。
それで、今でも海の水が塩からいのです。

Mukashi mukashi, futari no kyoudai ga sunde imashita.
Otouto wa mazushiku, kurashi ni komatteimashita.
Toshikoshi no ban, otouto wa doushiyouka to komatteita tokoro, aru hitori no ojiisan ni ai, kou iwaremashita.
"Kono saki ni aru yama ne odou de, kono omanjuu to ishi no hikiusu o koukan shite morainasai."


Sou iware ojiisan wa omanjuu o watashimashita.
Otouto wa iwareta toori yama no odou de omanjuu to ishi no hikiusu o koukan shite moraimashita.
Mata ojiisan ni ai ni iki, hikiusu to koukan shitemoratta koto o tsutaeru to,
"OO, kore ja, koreja. Kono hikiusu wana, migi ni mawasu to hoshii mono ga ikurademo detekuru n ja. Tometai toki wa hidari ni mawaseba ii. "
Sore o kiite otouto wa ie ni kaeri, sassoku sono usu o hiite mimashita.
"Kome dero! Kome dero! "
do iimashita. Suruto odoroita odoroita.
Hontouni hikiusu kara wa okome ga zaa oto o tatete ame no youni fukudashite kita dewa arimasen ka.
Sono usu o hiku to, nandemo nozomi ga kanai, otouto wa okanemochi ni narimashita.
Aruhi, ani ga sono usu o nusumidashi, fune no ue ni motte ikimashita.
„Hahahaha... Kore ga areba nandemo dete kuru zo. Manjuu dero, manjuu dero. "
Sou itte ani wa ureshikute amai mono o tabete iru uchi ni shiokarai mono ga hoshikunarimashita. Sokode, "Shio dero, shio dero."
to iiu to, masshirona shio ga zawa zawa zawa zawa to yama no youni fukidete kimashita.
Mirumiruma ni fune wa shio no yama de imanimo afuresou desu.
Ani wa otouto ga manjuu o dashita toki ni hidari ni mawaseba tomaru nowa mite okanakatta čvor deus.
"Waa dareka tasuketekure! Dareka shio o tometekure! "
Toutou shio wa fune kara afure, fune wa shio ne omomi de bukubuku shizunde shimaimashita to sa.
Sorede, imademo umi no mizu ga shiokarai no desu.

mukashi mukashi 昔 々 jednom prilikom
futari 二人 dva
kyoudai 兄弟 braća i sestre
sunde 住 ん で te-oblik glagola "sumu (živjeti)"
otouto 弟 mlađi brat
mazushii 貧 し い siromašan
kurashi 暮 ら し živi
komaru 困 る imati teško vrijeme
toshikoshi 年 越 し Doček Nove godine
zabraniti večer
hitori 一 人 jedan
ojiisan お じ い さ ん starac
au 会 う u susret
iwareru 言 わ れ る pasivni oblik glagola "iu (reći)"
yama 山 planina
omanjuu お ま ん じ ゅ う uparena lepinja
ishi 石 kamen
hikiusu ひ き う す ručni mlin
koukan suru 交換 す る za razmjenu
watasu 渡 す u ruke
tsutaeru 伝 え る reći
migi 右 ispravno
mawasu 回 す da se okrenemo
hoshii ほ し い htjeti
ikurademo い く ら で も koliko
tomeru 止 め る prestati
hidari 左 lijevo
kiite 聞 い て te-oblik glagola "kiku (slušati)"
tj. 家 kući
kaeru 帰 る za povratak
sassoku さ; そ く odjednom; odmah
kome 米 riža
odoroku 驚 く da se iznenadim
ame 雨 kiša
nozomi 望 み želja
okanemochi お 金 持 ち bogati
nusumidasu 盗 み 出 す krasti
fune 船 brod
umi 海 ocean
motteiku 持 っ て い く donijeti
ureshii う れ し い sretna
shiokarai 塩 辛 い slano
shio 塩 sol
masshiro 真 っ 白 čisto bijelo
imanimo 今 に も svakog trenutka
afureru あ ふ れ る prelijevati
tasukete 助 け て Pomoć!
omomi 重 み težina
shizumu 沈 む da potone

(1) "Ma (真)" je prefiks za naglašavanje imenice koja dolazi nakon "ma."
makka 真 っ 赤 svijetlo crvena
masshiro 真 っ 白 čisto bijelo
massao 真 っ 青 tamno plava
makkuro 真 っ 黒 crno kao tinta
manatsu 夏 sredinom ljeta
massaki 真 っ 先 u prvom redu
makkura 真 っ 暗 visina
mapputatsu 真 っ 二 つ točno u dvoje